Rits Logo
立命館大学
情報理工学部
情報コミュニケーション学科


学術論文|技術解説・報告口頭発表展示発表受賞特許出願メディア報道

[section]学術論文(査読あり)


--- 2017年度 ---
● Damien Constantine Rompapas, Aitor Rovira, Alexander Plopski, Christian Sandor, Takafumi Taketomi, Goshiro Yamamoto, Hirokazu Kato, and Sei Ikeda: EyeAR: Refocusable augmented reality content through eye measurements, Multimodal Technologies and Interaction, Vol. 1, No. 4, Article 22 (2017.9)

paper(PDF)

● Shohei Mori, Sei Ikeda, and Hideo Saito: A survey of diminished reality: Techniques for visually concealing, eliminating, and seeing through real objects, IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 9, No. 17 (2017.6)

paper(PDF)

● Takafumi Taketomi, Hideaki Uchiyama, and Sei Ikeda: Visual-SLAM algorithms: A survey from 2010 to 2016, IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 9, No. 16 (2017.6)

paper(PDF)

● 森尚平,池田聖,松木ひとみ,松永知典,柴田史久,木村朝子,田村秀行:隠消現実感体験時の両眼視野不整合に関する考察,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 22, No. 2, pp. 251 - 258 (2017.6)

paper(PDF)

● 大嶋佳奈,橋口哲志,柴田史久,木村朝子:R-V Dynamics Illusionが重さ知覚に与える影響の測定と考察,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 22, No. 2, pp. 259 - 267 (2017.6)

paper(PDF)

● 山田泰己,橋口哲志,柴田史久,木村朝子:MR環境下での錯覚現象R-V Dynamics Illusionに関する諸考察,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 22, No. 2, pp. 269 - 278 (2017.6)

paper(PDF)

● Mai Otsuki, Kenji Sugihara, Azusa Toda, Fumihisa Shibata, and Asako Kimura: A brush device with visual and haptic feedback for virtual painting of 3D virtual objects, Journal of Virtual Reality, Springer, Online version is published (2017.6)
DOI: 10.1007/s10055-017-0317-0

paper(PDF)


--- 2016年度 ---
● 小西晃広,橋口哲志,木村朝子,柴田史久,田村秀行:リニアベクション現象を高める広視野空間での周辺視刺激の活用とその効果,電子情報通信学会論文誌,Vol. J100-D, No. 2, pp. 162 - 170 (2017.2)

paper(PDF)

● 橋口哲志,片岡佑太,柴田史久,木村朝子:R-V Dynamics Illusion:実物体と仮想物体の異なる運動状態が重さ知覚に与える影響,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 21, No. 4, pp. 635 - 644 (2016.12)

paper(PDF)

● 橋口哲志,柴田史久,木村朝子:複合現実型視覚刺激が温冷覚の知覚位置・知覚幅に与える影響,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 21, No. 3, pp. 503 - 511 (2016.9)

paper(PDF)

● 李金霞,斉藤純哉,森尚平,池田聖,柴田史久,木村朝子,田村秀行:隠消現実感技術を用いた映画制作支援システムの開発と運用,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 21, No. 3, pp. 451 - 462 (2016.9)

paper(PDF)

● 平田遼太郎,石橋朋果,チェカネイ,森尚平,池田聖,柴田史久,木村朝子,田村秀行:DOMINO Toppling:実物体と仮想物体のシームレスな遷移を可能にしたMRアトラクション,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 21, No. 3, pp. 463 - 472 (2016.9)

paper(PDF)

● 片岡佑太,西川歩未,橋口哲志,柴田史久,木村朝子:複合現実環境下でのR-V Dynamics IllusionとSize-Weight Illusionの相互作用,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 18, No. 3, pp. 177 - 186 (2016.8)

paper(PDF)

● Shohei Mori, Yuya Eguchi, Sei Ikeda, Fumihisa Shibata, Asako Kimura, and Hideyuki Tamura: Design and construction of data acquisition facilities for diminished reality research, ITE Trans. on Media Technology and Applications (MTA), Vol. 4, No. 3, pp. 259 - 268 (2016.7)

paper(PDF)


--- 2014年度 ---
● 山崎賢人,柴田史久,木村朝子,田村秀行:複合現実感技術を用いた商品物流における仕分け作業支援,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 19, No. 3, pp. 413 - 422 (2014.9)

paper(PDF)

● 森尚平,小向啓文,柴田史久,木村朝子,田村秀行:隠消現実感における隠背景平面拘束と周辺参照領域の効果的利用,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 19, No. 2, pp. 131 - 140 (2014.6)

paper(PDF)

● 柴田史久,松田祐樹,レヴァンギア,川端大輔,山崎賢人,木村朝子:モバイルMRシステム構築のための機能分散型フレームワークの設計と実装,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 19, No. 2, pp. 215 - 225 (2014.6)

paper(PDF)

● 佐野洋平,橋口哲志,柴田史久,木村朝子:動的に変化する複合現実型視覚刺激が重さ知覚に与える影響,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 19, No. 2, pp. 255 - 264 (2014.6)

paper(PDF)

● 片岡佑太,橋口哲志,柴田史久,木村朝子:複合現実型視覚提示が痛覚刺激の知覚に及ぼす影響,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 19, No. 2, pp. 275 - 283 (2014.6)

paper(PDF)

● 大槻麻衣,大下勉,木村朝子,柴田史久,田村秀行:ElasticConnections: 3D空間における複雑な仮想物体の分解・観察手法に関する研究,情報処理学会論文誌,Vol. 55, No. 4, pp. 1365 - 1377 (2014.4)

paper(PDF)


--- 2013年度 ---
● Ryan Arisandi, Mai Otsuki, Asako Kimura, Fumihisa Shibata, and Hideyuki Tamura: Virtual Handcrafting: Building virtual wood models using ToolDevice, Proceedings of the IEEE, Vol. 102, No.2, pp. 185 - 195 (2014.2)

paper(PDF)

● 伊藤仁一,中山雅人,西浦敬信,木村朝子,柴田史久,田村秀行:X-Media Galaxyにおける移動音像実現のための音像補間,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 18, No. 3, pp. 405 - 414 (2013.9)

paper(PDF)

● 面迫宏樹,木村朝子,柴田史久,田村秀行:Shape-COG Illusion:複合現実感体験時の視覚刺激による重心知覚の錯覚現象(第2報),日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 18, No. 2, pp. 117 - 120 (2013.6)

paper(PDF)


--- 2012年度 ---
● 森尚平,一刈良介,柴田史久,木村朝子,田村秀行:実世界の撮影現場で3D映画演出を事前検討できるMR-PreVizシステムの開発,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 17, No. 3, pp. 231 - 240 (2012.9)

paper(PDF)

● 一刈良介,永仮貴浩,津村勇毅,北村一博,柴田史久,田村秀行:マーカレス・カメラ・トラッキングを強化するリハーサル・パス法とその実世界運用,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 17, No. 3, pp. 241 - 252 (2012.9)

paper(PDF)

● 高見雄介,木村朝子,柴田史久,田村秀行:複数の道具型デバイスを活用する複合現実型木材加工システム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 14, No. 2, pp. 141 - 150 (2012.5)

paper(PDF)


--- 2011年度 ---
● 杉原賢次,大槻麻衣,木村朝子,柴田史久,田村秀行:仮想物体への描画感を達成した新筆型対話デバイスの開発,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 14, No. 1, pp. 31 - 42 (2012.2)

paper(PDF)

● 村井嘉彦,木村朝子,柴田史久,田村秀行:視聴覚複合現実空間におけるガリバー・ドップラー現象に関する考察,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 16, No. 2, pp. 117 - 126 (2011.6)

paper(PDF)

● 茂地顕一郎,柴田史久,木村朝子,田村秀行:複合現実感のための同系色ツートンカラーマーカにおけるID符号体系と誤り検出・訂正,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 16, No. 2, pp. 201 - 210 (2011.6)

paper(PDF)

● 大槻麻衣,大下勉,木村朝子,柴田史久,田村秀行:3D空間における仮想オブジェクトの分解・観察に適した操作法の提案と実装,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 16, No. 2, pp. 227 - 237 (2011.6)

paper(PDF)

● 森尚平,一刈良介,柴田史久,木村朝子,田村秀行:隠消現実感の技術的枠組と諸問題〜現実世界に実在する物体を視覚的に隠蔽・消去・透視する技術について〜,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 16, No. 2, pp. 239 - 250 (2011.6)

paper(PDF)

● 木村朝子,杣田明弘,面迫宏樹,柴田史久,田村秀行:Shape-COG Illusion:複合現実感体験時の視覚刺激による重心知覚の錯覚現象,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 16, No. 2, pp. 261 - 269 (2011.6)

paper(PDF)

● 平野有一,木村朝子,柴田史久,田村秀行:Dent-Softness Illusion:複合現実型視覚刺激による硬さ知覚への影響,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 16, No. 2, pp. 271 - 278 (2011.6)

paper(PDF)


--- 2010年度 ---
● 大槻麻衣,杉原賢次,中嶋友美,木村朝子,柴田史久,田村秀行:絵筆の描き味を活かした複合現実型描画システムと筆型対話デバイス,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No. 3, pp. 357 - 367 (2010.9)

paper(PDF)

● 森勢将雅,湊佳彦,西浦敬信,木村朝子,柴田史久,田村秀行:視覚・聴覚を併用した複合現実感システムのための頭部伝達関数の個人化,電気学会論文誌C,Vol. 130, No. 8, pp. 1466 - 1467 (2010.8)

paper(PDF)

● 木村朝子,藤田誠司,岩本和也,谷津芳樹,柴田史久,田村秀行:壁面と卓上面を併用する電子作業空間WATARIシステムのデザインスキームと実現例,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No. 2, pp. 191 - 201 (2010.6)

paper(PDF)

● 一刈良介,西沢孝浩,大島登志一,柴田史久,田村秀行:再照明付与による複合現実空間のルック変更の試み -MR-PreViz 映像への映画的照明演出を例として-,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No. 2, pp. 213 - 220 (2010.6)

paper(PDF)


--- 2009年度 ---
● 木村朝子,上坂晃雅,柴田史久,田村秀行:空間型作業での選択・移動操作に適した道具型デバイスの機能設計と評価,情報処理学会論文誌,Vol. 51, No. 2, pp. 314 - 323 (2010.2)

paper(PDF)

● 天目隆平,柴田史久,田村秀行:剣戟アクションの基本要素への分解と連続動作の合成―コンピュータ殺陣学事始め,情報処理学会論文誌,Vol. 50, No. 12, pp. 2894 - 2899 (2009.12)

paper(PDF)

● 鍵本麻美,木村朝子,柴田史久,田村秀行:複合現実型視覚刺激と聴覚刺激が触印象に与える影響−産業応用システムでの利用を想定した評価−,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 14, No. 3, pp. 325 - 333 (2009.9)

paper(PDF)

● 天目隆平,西上彰人,柴田史久,木村朝子,田村秀行:ポスタを利用した複合現実感用幾何位置合わせ,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 14, No. 3, pp. 351 - 360 (2009.9)

paper(PDF)

● 石黒祥生,木村朝子,柴田史久,田村秀行:複合現実空間操作用対話デバイスのためのハイブリッド型位置姿勢決定法,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 14, No. 3, pp. 381 - 389 (2009.9)

paper(PDF)


--- 2008年度 ---
● Ryosuke Ichikari, Ryuhei Tenmoku, Fumihisa Shibata, Toshikazu Ohshima, and Hideyuki Tamura: Mixed reality pre-visualization for filmmaking: On-set camera-work authoring and action rehearsal, The International Journal of Virtual Reality, Vol. 7, No. 4, pp. 25 - 32 (2008.12)

paper(PDF)

● 平沼真吾,木村朝子,柴田史久,田村秀行:ジェスチャ操作を用いる広視野電子作業空間の複数人分担・協調作業への拡張,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 10, No. 4, pp. 547 - 557 (2008.10)

paper(PDF)

● 石黒祥生,比嘉恭太,木村朝子,柴田史久,田村秀行:視聴覚併用複合現実空間のスケール感に関する考察,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 13, No. 2, pp. 125 - 128 (2008.6)

paper(PDF)

● 家崎明子,杣田明弘,木村朝子,柴田史久,田村秀行:複合現実型視覚刺激による触印象への影響,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 13, No. 2, pp. 129 - 139 (2008.6)

paper(PDF)

● 比嘉恭太,西浦敬信,木村朝子,柴田史久,田村秀行:視覚・聴覚の現実と仮想を融合する2×2方式複合現実感システムの実現,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 13, No. 2, pp. 227 - 237 (2008.6)

paper(PDF)

● 大槻麻衣,木村朝子,西浦敬信,柴田史久,田村秀行:複合現実空間との新しいマルチモーダル・インタラクション方法の提案と実現,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 13, No. 2, pp. 247 - 255 (2008.6)

paper(PDF)


--- 2007年度 ---
● 木村朝子,片岡直哉,鶴田剛史,柴田史久,田村秀行:複合現実感技術を利用した投射型立体映像との3Dインタラクションの提示・記録システム,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 13, No. 1, pp. 109 - 118 (2008.3)

paper(PDF)

● 田村秀行,柴田 史久,木村朝子,坂井陸一,横江祥吾,濱田純也,家崎明子:防災研究・防災対策のための複合現実型情報提示 −ジオラマを利用した体験型動的ハザードマップ−,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 12, No. 4, pp. 567 - 576 (2007.12)

paper(PDF)

● 石黒祥生,大槻麻衣,比嘉恭太,木村朝子,柴田史久,田村秀行:Watch the Birdie!−三感融合型複合現実感アトラクション,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 12, No. 3, pp. 259 - 268 (2007.9)

paper(PDF)

● 一刈良介,川野圭祐,天目隆平,大島登志一,柴田史久,田村秀行:映画制作を支援する複合現実型プレビジュアリゼーションとキャメラワーク・オーサリング,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 12, No. 3, pp. 343 - 354 (2007.9)

paper(PDF)


--- 2006年度 ---
● 木村朝子,柴田史久,鶴田剛史,酒井理生,鬼柳牧子,田村秀行:ジェスチャ操作を活用する広視野電子作業空間の設計と実装,情報処理学会論文誌,Vol. 47, No. 4, pp. 1327 - 1339 (2006.4)

paper(PDF)


--- 2005年度 ---
● 一刈良介,木村朝子,柴田史久,田村秀行:複合現実型アトラクションのための自然落下物表現法,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 10, No. 3, pp. 273 - 280 (2005.9)

paper(PDF)

● 柴田史久,木村朝子,橋本崇,古野光紀,平岡貴志,田村秀行:多様な可搬型機器に対応可能な複合現実感システムの共通フレームワークの設計と実装,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 10, No. 3, pp. 323 - 332 (2005.9)

paper(PDF)